赤ちゃんが生まれて初めての育児。不安なこともあるけれど幸せいっぱい!のはずなのに・・・何だか日中、赤ちゃんと二人でいると孤独を感じてしまうと悩むママは少なくありません。

赤ちゃんがいるのに、一人ぼっちではないのに、何故、こんなにも孤独感がいっぱいなのか・・・

考えても理由が分からずただただモヤモヤした気分になってしまいますね。

赤ちゃんと二人きりの際に感じることの多い孤独感の理由やその対策はあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんと一緒にいるのに孤独を感じてしまう理由

赤ちゃんの二人きりでいるの何故だか寂しい気持ちになってしまう・・・こうした孤独を感じてしまう理由には以下のような原因が挙げられます。

ホルモンバランスによるもの

妊娠、出産と大きく変動したホルモンのバランスですが、産後もまだまだ変動しがちに・・・

一般的に産後6~8週間を「産褥期」と呼び、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るよう働くのですが、産褥期を過ぎても何となく不安定になってしまうというケースは珍しくなく、こうしたホルモンバランスの影響によって精神的に不安定になってしまうことがあります。

生活環境の変化によるもの

赤ちゃんを迎えて幸せな気持ちでいっぱいな反面、産前に比べると大きく変わるのが生活環境ですね。

幸せな生活とはいえ、やはり環境の変化は心にとって多少のストレスが生じるもの。

また、慣れない育児に対する不安や疲労も手伝って、精神的に不安定になり孤独を感じてしまうケースも少なくありません。

身体の変化によるもの

妊娠してから、出産、産後と短期間で大きく変わる身体の変化。

産後はすぐに妊娠前と同じように戻るかといえば、実はそうでもなく・・・身体の変化に戸惑いストレスを感じるママも少なくありません。

視覚的な変化に加え、疲れやすい、肌荒れしやすい、むくみやすいなどの体調の変化も生じやすくこうした変化に対し、無意識にストレスを感じ精神的に不安定になることもあるのです。

産後の孤独感を埋めるには!?

赤ちゃんと一緒にいるのに生じる孤独感。何か対策はあるのでしょうか?
おすすめしたい方法として以下が挙げられます。

人と関わる

赤ちゃんがまだ小さい時期はどうしても家に籠りがちになってしまいますね。赤ちゃんのことを考えると、頻繁に外出するのは控えたいので仕方のないことですが・・・

孤独を埋める一番の方法は、人と接することですね。

確かに赤ちゃんと一緒に居れば一人ぼっちということはありませんが、やはり話し相手が欲しいと思うもの。

短時間であっても友達や知人と会って話したり、会うことが難しければ電話で話すだけでも孤独を紛らわすことができますね。

食生活を改める

産後の孤独感の原因の一つとして挙げられるのが、ホルモンバランスや環境の変化による精神的な不安からくるもの。

これらの状態を整える方法として、食事が挙げられます。

何も特別な物を食べる必要はありません。産後、赤ちゃんのお世話に忙しい時期はどうしても栄養バランスが偏りがちですが、ホルモンバランスやストレスからくる自律神経の乱れを整えるには、栄養バランスの整った食事を心掛けることが大切です。