妊娠前ではなんてことないことでも妊娠してからというものすぐに疲れてしまう、疲れやすくなった、疲労感が抜けないといった悩みを持たれているママさんは多いですね。

妊娠したことで、身体に変化が起こっていることは明らかですが、疲労と妊娠には何か関係があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

妊娠中に起こりやすい疲労の原因

妊娠中は、妊娠前と比べ疲れやすかったり、疲労感が抜けないといった疲労に関する体調トラブルが多く挙げられます。

では何故、こうしたことが起こるのか?以下をご覧ください。

妊娠初期の疲労の原因

ホルモンバランスの変動によるもの

妊娠すると、女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌量が上昇します。

このプロゲステロンには、体温を上昇させる作用があり、プロゲステロンによって体温が上昇することで熱っぽさやだるさを感じやすく疲れとして現れやすくなるのです。

赤ちゃんを育てる為の環境作り

妊娠したことでママの身体は赤ちゃんが安心して育つことのできる体内環境へと変化します。

こうした体内環境の変化も疲れとして感じやすくなる要因の一つ。

眠気を強く感じるようになったり、何だかだるく疲れが抜けないような症状は赤ちゃんの為に身体が急速に準備をしているということですね。

妊娠中期の疲労の原因

ホルモンの分泌量の変化によるもの

妊娠初期に分泌量が増加したプロゲステロンは、妊娠中期になっても引き続き増加した状態となっています。

更に、妊娠に伴い「コルチゾール」といって副腎皮質ホルモンの一種が刺激されることで、疲労感はもちろん、倦怠感や不安感、睡眠障害といった症状が現れやすくなるのです。

赤ちゃんの成長による影響

妊娠中期になると、赤ちゃんは一気に成長していきます。子宮が大きくなるのはもちろん、赤ちゃんもどんどん大きくなる時期となる為、ママの身体は重くなることに加え、赤ちゃんを育てる為の血液量がグンと増える為、身体に負担が掛かりやすく疲労を感じやすくなるのです。

妊娠後期の疲労の原因

体型の変化によるもの

妊娠後期になると、歩くのも一苦労と言っても過言ではない程、お腹は大きくセリ出るようになり、生活にも支障が出やすくなってきますね。

また、お腹が大きくなるということは、その分、体重も増加していく為、身体の重みを感じやすくなってくる時期に入ります。

こうした体型の変化は、身体に負担となってくる為、どうしても疲れやすかったり、無理をすると疲れが取れにくくなってしまいます。

睡眠障害によるもの

妊娠後期に入ると、睡眠トラブルに悩む妊婦さんが少なくありません。これは、妊娠後期に多く分泌される「エストロゲン」という卵胞ホルモン(女性ホルモン)の作用によるもので、睡眠が浅くなってしまい、睡眠不足になりがちです。

睡眠不足が生じると、どうしても疲労回復に時間が掛かったり、少しのことでも疲れやすくなるといったトラブルが起こりやすくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中は、初期・中期・後期とそれぞれ疲労が起こりやすい原因を持っています。

その為、妊娠周期問わず、妊娠したことで疲労感に悩んだり、疲れやすくなったりすることは珍しいことではありません。

しかし、だからといって無理をしてしまうと赤ちゃんにとっても負担となってしまいますので、妊娠前よりもこまめに休息を入れるよう心掛け、疲労感とうまく付き合っていくようにしましょう